女の人

目白ポセンシアで目や胸の施術を受けて自慢の体を手に入れよう

小顔治療の魅力とリスク

注射

女性に人気の高い整形手術でエラボトックスという手術方法があります。名称にもついている通り「エラ」部分に関する治療で、小顔注射とも呼ばれています。小顔になる理由としては、顔の筋肉に対して注射を打ち、筋肉を麻痺させて小さくするという方法です。ただし、この注射の効果は長く続きません。1度の注射で持つ期間としてはせいぜい3ヶ月から6ヶ月程度であるため、再度注射を打たなければならないので覚えておきましょう。
筋肉は使わなければ次第にしぼんでいきます。エラボトックス治療は何度かに渡って注射を打つことで次第にそれが定着して小顔になります。しかし、本来使うはずの筋肉を麻痺させることで起きるデメリットというのもあるのです。筋肉は顔などのパーツを支えるためについています。それを強制的に麻痺させ、その部分の筋肉がつかなくなると当然その部分を支えることができなくなってしまいます。そのため、支えることができなくなった部分のパーツは次第にたるんでいくのです。小顔にできるというのは魅力的ですがそういったリスクを伴うのも事実です。エラボトックスの打つ量によっては、一気にやせ細ってしまうこともあります。筋肉を麻痺させているのは注射する成分に含まれるボツリヌス菌が影響しているのです。そのため、分量を誤ると危険です。治療を受けるのであればそういったリスクなどについて理解している整形外科で受けるようにしましょう。